コレステロールを下げる生活習慣特集※悪玉コレステロール対策

コレステロールを下げる生活習慣特集※悪玉コレステロール対策

コレステロールを下げるには、運動療法や食事療法以外にも生活習慣の改善が必要になります。なかでも、ストレスや飲酒、喫煙はコレステロールにも悪影響を及ぼし、他の生活習慣病を引き起こす原因にもなります。
ストレスを過剰に受けることで交感神経が活発になることから、遊離脂肪酸が増え、コレステロールの合成が促進されます。また、遊離脂肪酸が増えると空腹中枢が刺激されるため、暴飲暴食の原因にもなります。そのため、日常的にストレス解消ができるように自分なりにストレス解消を見直したり、睡眠不足からストレスが悪化することもあるため生活習慣を見直すことが重要になります。
飲酒は、肝臓疾患の原因もなりますが、肝臓で中性脂肪の合成が盛んになり、悪玉コレステロールの増加につながるため、アルコールの摂取量を減らすだけでも数値を下げる事ができる場合があります。タバコは、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やすため、動脈硬化のリスクが高まったり、心臓に負担がかかることから心筋梗塞などの心疾患が発症しやすいとされています。タバコは本数ではなく、1日数本数だけでも影響があるため健康づくりのためには禁煙が必要です。
他にも、コレステロールを下げるには、適度な運動を習慣化することです。毎日続けることが大切になるため、ウォーキングなどの有酸素運動を継続的に行うことで数値を下げる効果を期待することができます。また、ウォーキングはストレス解消や生活習慣病の予防にも効果があります。

アクセス数の多い記事