コレステロールの新基準って?【2015年最新版!正常値の変更】

コレステロールの新基準って?【2015年最新版!正常値の変更】

ninngenndokku

 

みなさんは2014年4月に公表された、
「人間ドックの新基準案」を知っていますか?

 

日本人間ドック学会健康保険組合連合会が、人間ドックで検査した人たちのデータをもとに、
健康診断の基本検査となる、血圧やBMI・血糖値・コレステロール値等の数値を緩和する新しい基準案を公表したんです。

 

どうして新しくなったの?

新基準値が公表された理由は、従来の基準値がバラバラだったからです。

 

例えば人間ドックや健康診断結果の判定には、日本人間ドック学会という団体が定めている値を基準としたり、健康診断を行う施設が独自に定めた基準を使ったりしていました。
このような状況では、健康診断を受けてもその結果で自分が健康なのか不健康なのか分からなくなってしまいます。
そこで日本人間ドック学会が健康保険組合連合会と共同して、全国の検診機関が適用することができる基準範囲を設定し、公表したのです!

 

今までと違う点とは?

男女別の基準値が設定された点
女性は年齢ごとに基準値が設定された点

 

従来は男女の区別もなく、年齢による区別もなく、一律にコレステロールの基準値が設定されていました。
しかし新基準では、総コレステロールとLDLコレステロールの両者とも、男性と女性でその基準値は区別され、そのうえ女性は年齢によっても基準値が区別されることになりました。

 

具体的な数値とは?

では、具体的にどのように数値が変わるのか見てみましょう。

 

【総コレステロール値】 ※従来:140~199 
◆男性
151~254
◆女性
30~44歳:145~238
45~64歳:163~273
65~80歳:175~280

 

【LDLコレステロール値】 ※従来:60~119 
◆男性
72~178
◆女性
30~44歳:61~152
45~64歳:73~183
65~80歳:84~190

 

上記から分かるように、男女ともに正常となる範囲が拡大され、しかも女性は年齢が高くなるにしたがって正常となる値が高くなるように見直されています。

 

いつから新基準が導入されるの?

新基準は、2015年4月から運用する予定…という話も出ていましたが、今の時点では未定のようです。
また、今後5年~10年にわたって追跡調査を行い、病気発症との関連や「基準範囲」の人たちの健康状態を調べたうえで、数値の検討を続けることにしているようです。

 

健康の基準の緩和医療費の無駄が削減されることに繋がるのではないかと関心を集めている新基準。
今後どうなっていくのか注目です。

油断は禁物!

もしこれから新基準が導入され、従来の基準値が拡大されたからといって、
コレステロールを気にしなくてよくなる訳ではありません!

 

コレステロール値が高いほど、心筋梗塞や脳梗塞などの病気になる危険性も高くなっていきます。

 

食べ物にもコレステロール値が上がりやすい食品と数値を下げる効果がある食品とがあります。
毎日の食事に気を配り、普段から健康を意識した生活を送ることが大切です♪

アクセス数の多い記事