コレステロールを下げる効果的な食材※悪玉コレステロール対策

コレステロールを下げる効果的な食材※悪玉コレステロール対策

コレステロールを下げる食事、つまり生活習慣病の予防または療養を目的とする食事は、味が薄かったり食べ応えがなかったりと、あまり良いイメージを持つ人は少ないですが、工夫次第で健康な人と変わらない食事ができます。コレステロールを下げる食事のメニューは、コレステロールに効果的な食材を使用することと、調理方法を工夫することがポイントです。
コレステロールを下げるためには、わかめや昆布などの海藻類や、納豆や豆腐、豆乳などの大豆・大豆製品、オリーブオイルなどに多く含まれるオレイン酸、アーモンドやうなぎ、かぼちゃなどに含まれているビタミンEなどを効率良く摂取できるメニューが良いです。コレステロールを下げたいからといって、ひとつの栄養素を過剰に摂取するのは、栄養バランスに問題が出ることがありますので注意が必要です。調理の際は、例えば豚肉や牛肉では、脂の部分を取ったり下茹ですることで、脂肪分とカロリーを下げることができます。
コレステロールを下げる食事のメニューは基本的に和食が中心です。白米を玄米に変えたり、肉を青魚にしたり、味噌汁に豆乳を入れたりと、和食はコレステロールを下げるために効果的な食材を使いやすいということがあります。夏はわかめと刻みネギ、ミョウガをのせて、ごま油と醤油をかけた冷奴や大豆と海藻のサラダなど、冬はかぼちゃと小豆の煮物や豆乳鍋など、季節に合わせたメニューを楽しむこともできます。ローストアーモンドや豆乳カフェオレを間食に食べるのも効果的です。和食は塩分が多くなりがちなので、味付けにゆずやかぼすなどの柑橘類を使用したり、ごま油の風味を利用したりと、塩分にも気をつけましょう。

アクセス数の多い記事