LDLコレステロールと中性脂肪の正常値※厚生労働省の基準値

LDLコレステロールと中性脂肪の正常値※厚生労働省の基準値

ninngenndokku

 

コレステロールと言うと、どうしても悪者のイメージがありますよね。
けれども、本来コレステロールというのは細胞を包む細胞膜の原料やビタミンなどの材料となるものなのです。
そのためコレステロールは生きていくうえで欠かせません。
しかしいくら必要な物であっても、過剰に増え過ぎるとかえって害になることがあります。

 

そうやって増え過ぎたコレステロールが悪さをはたらき、我々がよく耳にする悪玉コレステロールへと変貌してしまうのです。

 

LDLコレステロールと中性脂肪の正常値

コレステロールや中性脂肪には、それぞれ正常値というものがあります。
その数値を超えてしまうと、医師に異常であると判断され、脂質異常症であると診断されてしまいます。

脂質異常症とは?

脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が多過ぎる病気のことです。
この状態が続くと、心筋梗塞脳梗塞などの命にかかわる病気の原因となってしまうので注意が必要です。

  正常値 異常値
LDLコレステロール 140mg/dl未満 140mg/dl以上
中性脂肪 150mg/dl未満 150mg/dl以上

 

正常値を超えるとどうなるの?

ninngenndokku

LDLコレステロール値が高い場合

LDLコレステロールは、血管内壁にへばりつきやすい性質があり、動脈硬化の原因となります。
そのため、LDLコレステロール値が過剰な状態のまま放置すると、やがて心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を引き起こしてしまうのです。

 

中性脂肪値が高い場合

体脂肪として蓄えられて肥満をまねき、生活習慣病を引き起こします。
また、中性脂肪は肝臓にもどんどん蓄積されていきます。
脂肪が蓄積されることで肝機能が著しく低下し、最終的に肝硬変や肝臓がんなどの病気を引き起こすことも考えられます。

 

コレステロールを下げるにはスムージーがおすすめ!

LDLコレステロール値を下げたいなら「ミネラル酵素グリーンスムージー」がおすすめです。
グリーンスムージーだけでも体にいいのですが、
ミネラル酵素グリーンスムージーだとさらにミネラル酵素も同時に補給できるのがポイント!

 

ミネラルには体の調子を整える作用があり、酵素には新陳代謝を上げ体を健康に近づける効果があります

どちらも配合したスムージーなら、より効率的に栄養素を摂取できちゃいます!
腹持ちするので朝食や間食の置き換えにも最適です♪

 

おすすめの【ミネラル酵素グリーンスムージー】はこちら

>>今すぐミネラル酵素グリーンスムージー!

コレステロールを下げる食事では、揚げ物、糖質などを極力採らないようにするのが近道ですが、それらには美味しい物があるのも確かです。
素材は同じでも、料理に使う油を変えるだけで、コレステロールを下げる食事になり正常値に近づけていくことが出来ます。
緑黄色野菜のほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、ニンジン等にコレステロールを下げる効果があります。
また、魚介類でも秋刀魚、鯵、鰯などの青魚やあさり、はまぐり、牡蠣にはコレステロールを下げる成分のタウリンやビタミンDが含まれています。
簡単で美味しいコレステロールを下げる食事のレシピ紹介です。あく抜きしたほうれん草または、小松菜をアサリのむき身とオリーブオイルまたはごま油で炒めます。
味付けは塩コショウか、醤油少々のお好みです。秋刀魚を焼いたもの、味噌汁はわかめなど海藻と玉ねぎ、ご飯は雑穀米にします。
他のおかずのレシピ紹介です。大豆に含まれるリン脂質もコレステロールを下げる働きをします。豆腐と春菊を和えた白和えも味付けを味噌にするとより良い効果です。
洋風のレシピ紹介です。いか、たこ、糸こんにゃくをオリーブオイルで炒めてクリームのかわりに豆乳を使います。少量の塩、コショウで味付けするとシーフードクリームパスタになります。
これらは沢山食べても、カロリー的にも低く抑えられています。
サラダは、かぼちゃとさつまいもをスライスアーモンドまたは、すり胡麻で和えます。デザートにもレーズンやプルーンなどドライフルーツをあしらったヨーグルトを付け合せます。

アクセス数の多い記事