コレステロール値とは?《善玉、悪玉、超悪玉コレステロール》

コレステロール値とは?《善玉、悪玉、超悪玉コレステロール》

ninngenndokku
健康診断で血液検査を受けて、コレステロール値が高いと言われたら心配になりますよね。

 

コレステロールには、

  • 総コレステロール
  • HDL (善玉)
  • LDL (悪玉)

の3種類があります。

 

LDL値が 140 mg/dl 以上、HDL値が 40 mg/dl 以下、中性脂肪値が 150 mg/dl 以上のいずれか一つでも当てはまると「高脂血症」を疑われます。

  正常値 異常値
LDL値 120~139mg/dl 140mg/dl以上
HDL値 40~119mg/dl 40mg/dl未満
中性脂肪 50~149mg/dl 150mg/dl以上

 

健康のためには食材を選ぶことが大切!

こちらのページではコレステロール値を下げるのに効果的な食材について詳しくご紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください♪

 

>>コレステロールを下げる食品・上げる食品まとめ

 

コレステロール値とは?

そもそもコレステロールってどんなもの?

コレステロールとは、胆汁の主成分で私たちの体内におおよそ100~150g位含まれています。
様々な病気を引き起こす要因となっているコレステロールは悪者のイメージがありますが、本来コレステロールとは、私たちが生きていくうえで欠かせないもので、副腎皮質ホルモン性ホルモンの生成や血管の強化や維持にも大切な役割を果たしています。

ただその量が多過ぎたり、逆に少な過ぎると体に悪影響を与えてしまうので、自分で賢くコントロールする必要があります。

 

悪玉コレステロール

悪玉コレステロールとは、LDLコレステロールのことをいいます。
このLDLコレステロール値が高い人は、動脈硬化症などの生活習慣病にかかりやすくなるといわれています。
というのも、血液中のコレステロールが多いと血管の壁にコレステロールやカルシウムが付着して血管を詰まらせる性質があります。
そしてその状態が続くと、動脈硬化脳梗塞心筋梗塞などの病気を引き起こす要因ともいわれます。

 

超悪玉コレステロール!

ninngenndokku
超悪玉コレステロールとは、LDLコレステロールの中でも特に小さな小型LDLコレステロールのことをといいます。
サイズが小さいので、その分血管壁にも侵入しやすく、動脈硬化の直接的な原因になるといわれています。

 

善玉コレステロール

血管内壁にへばりついているLDLコレステロールを引きはがして、肝臓まで流す働きがあるのがHDLコレステロールです。
そのことからHDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれているのです。

 

そのため、このHDLコレステロールが少な過ぎる場合でも動脈硬化が進行する原因になってしまいます。

 

コレステロールを下げるために取り入れたいこと

正常なコレステロールを維持するため生活習慣に取り入れたいのが、グリーンスムージーです。

 

「ミネラル酵素グリーンスムージー」には、野菜、フルーツ、穀類、海藻など、約200種類もの栄養素が含まれています。
その厳選された栄養素に加えて、さらにミネラル酵素が配合されているのがポイント。
ただ毎日飲むだけで総合的な栄養素をバランスよく補給できるんです!

 

ただ、いくら健康に良くても美味しくなければ毎日続けるのは大変ですよね。
でもこのグリーンスムージーならそういった心配も一切必要なし!
牛乳との相性もよくてジュース感覚でおいしく飲めちゃいます♪

 

低カロリーながら、腹持ちがいいので置き換えダイエットとしても効果的!

>>今すぐミネラル酵素グリーンスムージー!

アクセス数の多い記事