コレステロールに関する病気とは?※要注意!チェックガイド!

コレステロールに関する病気とは?※要注意!チェックガイド!

コレステロールとは、生命維持に重要な役割を果たす、細胞膜の成分です。性ホルモン、ステロイドホルモン、胆汁酸、ビタミンDの材料になります。コレステロールとは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類を指します。
悪玉コレステロールは、血液中を通ってコレステロールを全身に運んで、細胞膜やホルモンの合成するのに使われます。 ところが、血液中の悪玉コレステロールが増えすぎると血管内に付着し、動脈硬化を引き起こします。 善玉コレステロールは血管内に付着したコレステロールを取り除いて肝臓に運ぶ働きがあります。
コレステロール値が高くなると、動脈硬化などの病気になりやすくなります。動脈硬化は心筋梗塞や脳出血などの、命にかかわる病気につながりやすいため、怖い状態です。
動脈硬化は、血管内に脂質、繊維、カルシウムなどが蓄積することにより、血管が硬質化した状態です。この状態がさらに進むと、血管内の壁が盛り上がり、血管が細くなり、血液の流れが悪くなります。そして血管破裂などが起こると、部位によっては命にかかわる深刻な事態になっていまいます。
また、コレステロールとは、がんを引き起こす原因ではないかとも言われています。
コレステロールを下げて病気にならないようにするためには食生活を変えることが必要でしょう。
油物や糖質中心の食事をやめ、バランスよく栄養素をとる食事を心がけましょう。
玄米や果物、豆などに含まれる食物繊維はコレステロールを下げる効果があるのでおすすめです。

アクセス数の多い記事